学会事務局へメール




■ 名称
第1条 本会は日本音楽教育メディア学会(JMSME)と称する。 (欧文名:JAPANESE MEDIA SOCIETY FOR MUSICAL EDUCATION)
■ 内容
第2条 本会は「メディア」の定義を多様な「媒体」とすることで、あらゆるメディア(言葉、文字、楽譜、身体表現、絵画や写真、映像、楽器、ICT機器等)と音・音楽を研究の対象とする。あくまでも音・音楽とメディアの関係においてのみ本研究活動は成立する。
第3条 本会は音・音楽の表現において、送り手と受け手の双方向コミュニケーションのなかだちを担うメディアの役割と存在意義を再認識し、メディアの特性に注目する実践的な研究を目指す。本会は教育現場の各領域や各教科、さらに他分野との協働的活動を積極的に推進する。
■ 目的
第4条 本会は音・音楽をとおした「創造的で感性豊かな人間形成」を実現するため、多様なメディアによる音楽教育の実践的研究を深化し、もって我が国の音楽教育の発展に寄与することを目的とする。
■ 事業
第5条 本会は、前条の目的を達成する為に次の事業を行なう。
1. 多様なメディアによる音・音楽教育の調査・研究。(実践研究・指導方法等)
2. 多様なメディアによる音・音楽教育研究の深化及び普及。(研究会等の計画・実施等)
3. 学会誌及び会報等の発行。
4. その他目的を達成する為に必要な事業。
■ 種別
第6条 本会の会員は次の通りとする。
正 会 員 : 本会の目的に賛同する個人で、教育及び研究に従事する者。
学生会員 : 本会の目的に賛同する個人で、大学又は大学院に在籍する者。但し、教職にあって大学院に在籍する者を除く。
賛助会員 : 本会の目的に賛同し、本会の事業を後援する団体及び個人。
特別会員 : 永年功労のあった個人。
名誉会員 : 会長を3期務め、永年功労のあった個人。
第7条 特別会員、名誉会員は理事2名以上の推薦によって理事会において審議・承認し、総会において承認を得なければならない。
■ 入会と退会
第8条 本会に入会を希望する者は、所定の申込書を本会に提出し、理事会は協議の上これを決定する。また、退会は申し出退会のみとし、退会日までの会費の全納を以って理事会は退会を認める。
■ 会費
第9条 会員の年会費は次の通りとする。
正 会 員 : 7,000円
学生会員:4,000円
賛助会員:7,000円(個人及び団体)
※未納による自然退会はないものとする。
■ 会員の権利
第10条 本会の正会員は、会議において各議決権を有し、理事及び委員の選挙権、被選挙権を有する。
■ 役員
第11条 本会には会長1、副会長2、事務局長1、事務局長補佐1、会計1を置く。任期は2年とし、再選を妨げない。但し会長においては3期を超えることはできない。
第12条

定例研究会以外の研究会等の開催については、必要に応じ、理事会メンバーを含む実行委員会を新たに組織して企画・運営に当たることができる。

■ 理事会
第13条

本会には、本規約第11条に基づく役員を含む8名以内の理事による理事会を設置する。

■ 会計監査
第14条

本会には会計監査2名を置く。会計監査役は理事会により、会員の中から委嘱される。任期は1年とし、再選を妨げない。但し2期を超えることはできない。

■ 役員の選任
第15条 役員は選挙により選出され、役職は役員の互選によりこれを定め、総会で承認されるものとする。
第16条 各実行委員及び実行委員会は理事会で推薦・組織し総会で承認されるものとする。
■ 総会の召集
第17条

総会は毎年1回、会長が召集する。ただし、会長が必要と認めた場合、または会員総数の3分の1以上から総会の開催を請求された場合、会長はその請求のあった日から30日以内に、臨時総会を召集しなければならない。

■ 総会の定足数
第18条

1. 総会は、委任状を含め、会員総数の3分の2以上の出席をもって成立する。
2. 総会の議事は、本規約に別段の定めがある場合を除き、出席者の過半数をもって決定し、可否同数の場合は議長の決定によることとする。

■ 理事会の召集
第19条

理事会は毎年3回会長が召集する。ただし会長が必要と認めた場合、または理事から理事会の開催を請求され、会長がその必要を認めた場合、会長はその請求のあった日から30日以内に、臨時理事会を召集しなければならない。

■ 理事会の定足数
第20条

1. 理事会は、委任状を含め、理事総数の3分の2以上の出席をもって成立する。
2. 理事会の議事は、本規約に別段の定めがある場合を除き、出席者の過半数をもって決定し、可否同数の場合は議長の決定による。

■ 資産の構成
第21条

本会の資産は次の通りとする。
1. 会費
2. 事業による収入
3. 寄付による金品
4. 資産から生じる収入
5. その他の収入

■ 資産の管理
第22条 本会の資産は会長が管理する。
■ 経費の支弁
第23条 本会の事業遂行に要する経費は、資産の運用をもって支弁する。
■ 会計業務
第24条 本会の会計業務は事務局のもとにあり、必要な時、事務局長がこれを補佐する。
■ 事業計画及び収支予算
第25条

本会の事業計画、及びこれに伴う収支予算は会長が編成し、理事会の議決を経てこれを決定し、総会において承認されなければならない。計画変更の場合も同様とする。

■ 収支決算
第26条

本会の収支決算書は事務局長が作成し、会計監査を受けた後、事業報告書、及び会員の異動状況書と共に理事会の承認を経て、毎会計年度終了後、総会において報告し、承認されなければならない。

■ 会計年度
第27条 本会の会計年度は、毎年8月1日に始まり、翌年7月31日に終了する。
■ 顧問
第28条

本会には顧問を置く事ができる。顧問は理事が推薦し、理事会の承認を経て総会において承認される。

■ 規約の改廃
第29条

本規約の改廃は、理事会の承認(4分の3以上の賛成)を経たのち、総会において会員の4分の3以上の賛成による議決を必要とする。

■ 本部・事務局の設置
第30条

本会には事務局を設置する。理事会の承認を経、総会において報告する。
移転の場合においても同様に理事会の承認を経、総会において報告する。
事務局を下記に置く。
〒125-0062東京都葛飾区青戸5-5-16 林気付
日本音楽教育メディア学会事務局
Eメール info@jmsme.org

■ 支部の設置
第31条

本会には支部を設置することが出来る。支部の設置においては、設置の理由とともに参加者名簿、事業計画書、予算計画書を提出し、理事会承認を経て総会において承認されなければならない。

■ 規約の施行
第32条 本規約は、平成26年 6月28日より発効する。
■ 補足
補足1
第33条 本会は前学会を基に新規発足のため、本会の設立と同時に「日本コンピュータ音楽教育学会」は全ての活動を停止し解散する。
補足2
第34条

第9条 賛助会員年会費の変更、第11条 会長の任期の変更、第27条 会計年度の変更、第30条 本部の抹消及び事務局の変更。2018年8月11日

補足3
第35条 第8条 退会について追記、第9条 会費未納についての追記 第30条 事務局住所表記の変更、事務局メールアドレスの変更。2019年8月4日
補足4
第36条 第2条、第3条 内容について一部修正、第4条 目的について一部修正、第6条、第7条 種別について追記、第11条 役員について追記、第26条 収支決算について一部削除、第30条 本部・事務局の設置について変更。2020年8月11日